バーコードは白と黒の棒状の画像です

お店で買い物をすると商品に値段の記載が行われていないケースが多いのではないでしょうか。

商品の値段は商品情報をバーコードリーダーで読み取る、読み取ったデータをデータベース内で検索を行って値段などの情報を抽出し、レシートに印字するのが一般的です。

バーコードリーダーはバーコードを読み取るもので、白および黒の棒状の画像になっています。

人がバーコードを見ても何が書いてあるのかは分かりませんが、バーコードリーダーはそれを読み取る事が出来る機械です。

倉庫内でもバーコードおよびバーコードリーダーを利用して業務を進めている所が多くあります。

ピッキングを行う時には注文書と棚に取り付けてあるバーコードを読み取り、整合性を確認した上で行います。

英数字で並んでいる情報を目視で行うとミスが生じる事もありますが、バーコードを使えばミスをゼロにする事も可能です。

入出庫時は必ずバーコード照合が基本です

倉庫は物流の拠点になる施設です。

工場からは毎日のように完成品や部品が入荷されます。

倉庫内には常時在庫品が格納されており、出荷オーダーに基づいて出荷作業が行われています。

そのため、製品や部品毎に専用の保管場所が設けられています。

大きな倉庫などの場合、入出庫を自動化している所もありますが、システム化が行われていない倉庫などの場合は人力による作業が中心です。

バーコードリーダーはバーコードを読み取り正しいものであるのか否かを瞬時に返してくれるアイテムです。

注文書に記載してある品名を見るのではなく、注文書と入荷物の2つのバーコードを読み取ります。

これは出庫時も同じで、仮に異なる品物の場合は、エラー音が鳴るようになっているのでミスを防止する事が容易に出来ます。

3PLは、保管や出荷、配送などの物流業務をアウトソーシングにすることで、効率的かつコストダウンが可能になるサービスのことです。