サイトのデータを残すなら最低限の管理が求められる

ウェブサイトを運営し続けていると、途中で飽きてしまうということが少なくありません。実際、10年以上、継続してサイトを更新し続けている人はほんの一握りで、多くの人はそれよりももっと短い期間で運営をやめてしまっています。では、ウェブサイトの運営をやめる場合、どういったことに注意すればいいのでしょうか。まず、決めなければならないのは、ウェブサイトのデータをすべて削除するのか、あるいは更新は停止してもサイト自体は残しておくのかということです。サイトに資料的な価値がある場合、残しておいた方が人の役に立ちますし、読者から残すように頼まれる可能性もあるでしょう。ただ、もし残すのであれば、レンタルサーバーの料金やドメイン代を払い続けたり、CMSを使ってサイトを作った場合、脆弱性の解消のためにCMSのアップデートだけ不定期に行わなければならないなど、最低限の管理は求められます。

サイトの維持にできるだけお金をかけたくない場合は

更新を停止したサイトの維持にお金をかけたくないという場合、有料サーバーから無料サーバーへの移転が必要になります。もし、ブログサービスの有料プランを使っているのであれば、無料プランに変更したり、あるいは別のブログサービスに移らなければなりません。ドメインについては、無料で使えるものもありますが、無料ドメインサービスは運営が安定しているとは限らず、途中でサービス停止になってドメインが突然使えなくなることも少なくないので、無料サーバーやレンタルブログサービスから提供されるサブドメインに切り替えるのが一番いい方法でしょう。

多言語サイトとは、同じ内容を複数の言語に翻訳したサイトのことです。他言語を話す人に伝えたい内容がある場合によく用いられます。