M&Aは2つの方法が用意されている

企業は必ずしも順風満帆なまま営業できるとは限りません。いつか不測の事態が発生し、会社存続の危機に陥る可能性もあるので経営者は理解しておきましょう。危機的状況になったとしても今はM&Aを利用して生き残ることができます。M&AはMergers and Acquisitionsの略で、複数の会社が2つの目標に向かい力を合わせることを意味する言葉です。実際にM&Aを利用すれば2つの選択肢が用意され、どちらかを選ばないといけません。1つは提携で技術提携や生産提携、販売提携です。提携を選べば資本移動はありませんが、もう1つの経営統合をすると資本移動が発生します。経営統合は2つの会社が1つになるもので事業の譲渡や合併して新会社として営業をするのが基本です。

提携するメリットを知ろう

2つの会社がM&Aを使い事業提携をすれば互いに持っているノウハウや技術を活かして活躍する事ができます。今までにない商品に開発も可能なので、もっと会社を大きくしたい方は必見です。生産提携を行うと1つの会社では追いつかない商品生産を改善できるため、商品の供給率も上がります。生産性が上がれば双方の会社にも利益が出るので理にかなっていると言えるでしょう。

統合するとどうなるのか

会社を統合する場合一方の会社がもう一方の会社に吸収されます。買収を行うことで会社の経営権を手に入れる事が可能です。買い取られた会社はそのままの状態で経営しますが、経営方針や開発の指示は買い取った側が行います。またすべてを買収するのではなく会社の一部門だけを買取れるのも特徴です。経営が危うい企業からすると合併することで危機を逃れる事ができます。

M&Aとは、merger and acquisitionの略で、企業の買収や合併のことを指す言葉です。新規市場への参入や、事業の統合など、様々な目的を果たすために行われます。