そもそもeラーニングって?

従来の学習形態である集合研修では、インストラクターと受講者が同じ場所にいる必要がありました。その場合、双方の都合に合わせる時間的問題と人件費などコスト面での問題がありました。eラーニングはそのような問題を改善する、インターネットを利用した新しい学習形態のことです。通信制の学校や予備校で主に活用されています。最近では、スマートフォンやタブレットで利用できるものも増えてきています。

eラーニングのメリットとは

ネット環境を利用したeラーニングには多くのメリットがあります。まず、自分の好きなペース・時間・場所で学習を行えるという自由さが挙げられます。次に、サーバー上で学習教材を取得・保存すること、進捗状況の管理が可能という利便性の高さがあります。また、CD-ROM等のメディアが不要なので、コストも低くなっています。

企業も活用している?

eラーニングは学校や予備校でよく利用されていますが、最近では企業でも取り入れられています。低コスト・高品質の教材、学習結果の数値化が可能、等の理由から人材教育の手段として注目されています。また、映像や音声を活用してビジネスマナーを学ぶことも可能になっていて、新社員を中心に利用されています。その他、業務内容の理解や理念共有などさまざまな使い方があります。

eラーニングでコミュニケーション?

近年では学習内容の理解を深めたり、学習計画・学習意欲の向上・維持のためにeラーニングシステムにSNS機能を持つものも増えてきています。自主的に業務の発信やインプットをする場として活用する場面も増えています。

派遣社員は勤務先が異なるため特定の場所での研修は大変難しくなります。派遣のeラーニングを活用することによって、自宅でも教育訓練を受けることが可能となります。