ホームページすべてをSSL化するケースが増えてきた

最近、検索エンジン対策として急速に普及が進んでいるものがあります。それがSSLです。SSLというのは暗号化通信のことで、以前はメールフォームなどだけに用いられることが多かったです。しかし、現在はホームページのすべてでSSL通信をできるようにしているケースが増えてきています。

なぜ、検索エンジン対策、つまりSEOとしてSSLが使われ始めたのかというと、検索サイトを運営している会社が「今後はSSLでアクセスできるホームページを優先して検索結果に表示する」と公言したからです。SSLで通信できるページは安全性が高いと見なし、検索サイト利用者に積極的に知らせていくというわけです。

SSL化はSEOの面で諸刃の剣になることも

では、SSL通信のメリットとデメリットにはどのようなものが挙げられるでしょうか。まず、SEOにおけるデメリットとして、ホームページのアドレスが変わってしまうということがあります。というのは、通常のアドレスはhttpから始まりますが、SSL通信ができるページにするとアドレスはhttpsという始まり方になるためです。アドレスが変わると、ページにつけられたSNS利用者のブックマーク数もリセットされてしまうので、その点でSEO上、マイナスということになるのです。つまり、SSL通信ができるようにするというのは、SEOでは諸刃の剣ということになるのですね。

ただ、利用者に信頼感を与えられる、最新のウェブ技術ではSSL通信の方が速くなるなど、メリットが多いので、今後は個人サイトでもSSL化するところが増えていくでしょう。

ホームページ作成とSEOについて、ただホームページを作ればいいわけではなく、ホームページ上に、検索されやすいキーワードを多く掲載する事が重要です。これをSEO対策と言います。